りおりのSteam日和003 ローマのおっさんにいやらしく迫られるゲーム 「Civilization5」


steam03civi5x000.jpg

りおりのSteam日和、3回目はローマのおっさんにいやらしく迫られるゲーム「Civilization5」です。
ターン制ストラテジーというジャンルは、少し前まで知識ほぼゼロに等しく、Civilizationに対しても「やめ時が難しいほどおもしろいゲーム!・・・らしい」というイメージしかありませんでした。
セールだったことで思い切って購入したのですが、少し遊んだ感想も「なんかすごい地味だな・・・」程度にしか思えませんでした。

が。

まだ数回しか起動させてないものの、プレイタイム11時間も過ぎてしまったというスルメゲームだったのです。

Civilizationシリーズをご存知のかたはもうわかりきっていることでしょうが、知らないかたになにがおもしろいか伝えようとすると、すごく難しいゲームです。
とりあえず、目的はいくつかある方法で世界制覇することなのですが、とにかく見た目もなにもかも地味です。
ターン毎にユニットを動かしたり、都市タイルを埋めたり、建てる物を決めたり、ユニット作ったり、小さな都市をいびったり仲の悪い国を武装ユニットで包囲したり貢物をよこせと言って世界で一番の嫌われ者になったりするゲームです。
私もまだCivilization歴11時間のド初心者なので、うまく言えないのですが、とにかく地味にやめられない止まらないが続き続けるゲームなんです。

steam03civi5x001.jpg

Civilization5を始めると「テラノヴァまじぇお」を称えるオープニングソングが流れ始めます。
Civi5にハマっている人はこの歌が聞こえ始めるだけでテンション上がると予想。(私は上がる)

テラノヴァまじぇおのイメージ (マウス画)
civi5majeo.jpg

テラノヴァまじぇおを称える歌だと想像していますが、おそらく違うことでしょう。
(ちなみにテラノヴァはラテン語で「新しい大地」という意味だそう)

そんなりおりが今、数時間プレイしている織田信長を少しだけご紹介しますね。

ゲーム開始時に好きな指導者(国)を選び、都市を誕生させるところから始まります。
日本を選ぶと織田信長になるので、とりあえずスタート。

steam03civi5x002.jpg

京都がいきなり誕生。なぜ京都なのかはわかりませんが、織田信長が京都に降臨。
そのあと、大阪が隣に作られました。

steam03civi5x003.jpg
偉大なるローマのアウグストゥス
「さっさとしろ」

いきなり敵意を感じているローマのおっさん。
すぐ南にある国なのに、なぜそんなに攻撃的なのか。

steam03civi5x004.jpg

京都に孫子が爆誕。

steam03civi5x003.jpg
「そなたの国がかなりちっぽけだということに気づいた。
国境を拡大するのを忘れたのか?
それとも問題を抱えているのか?」

steam03civi5x005.jpg

とりあえず、武装ユニットで包囲してみる。

steam03civi5x010.jpg

焦ったおっさんが和平条約しようよぉと言って来る。
やだぁ(゜ロ゜*)

steam03civi5x006.jpg

全然、日本らしくなくて不満だったユニットがやっと日本らしくなる。
その名も、侍。
日本だけで作られるユニットらしい。
よーし、早速ローマのおっさんとこに遊びに行こうぜっ。

steam03civi5x007.jpg

一方その頃。
京都にアインシュタインが爆誕する。

steam03civi5x008.jpg
ポリネシアのカメハメハ執政官
「アウグストゥス(ローマのおっさん)は世界の安定を脅かす存在だ。
ついに奴らと決着を付けるときがきたのだ。
この戦いに力を貸してくれぬか?」

少し遠めの西にある国の王カメハメハが接近してくる。
敵の敵は友。いざ、共にローマのセクハラキングを討とうではないか。

ローマのおっさんの様子を見に行くと・・・

steam03civi5x003.jpg
「噂の血に飢えた者が現れたか。私に何の用だ?」

すごく警戒している。
仲良くやろうと思っていたのに、敵意を露わにして来たのは君のほうなんだよ、うん?

steam03civi5x008.jpg
「偉大なる指導者よ。我々と友好宣言を締結し、世界に知らしめようではないか。
恒久的な協力関係を貴国と築きたいのだ」

南のおっさん・・・!
仲良くしてくれるなら大歓迎です。
共にセクハラキングを打ち倒しましょうぞ。

steam03civi5x008.jpg
「あなたと話すのはいつも楽しみです。何について話しますか?」

カメたん・・・!!(〃´ワ`〃)
カメハメハとのラブエンドに向かってフラグがずばずば立って来たぁ!!(そんなのない)

steam03civi5x009.jpg

ローマ、包囲。

steam03civi5x011.jpg
「神々はローマを見捨てられた。
我らの敗北だ」

壊滅させてやった。

偉大なるローマのアウグストゥスさんよぉ、どうしたぁw(゜Д゜)w

こうして、いやらしいローマのおっさんは身を引くことになったのでした。

steam03civi5x008.jpg
「ブリュッセルほど御しやすい相手もおらぬな。
貢ぎ物を要求したら、あっさり屈しおった。
今、そなたにできることは何もあるまい」

カメーーー!!!(゜ロ゜*)
信長が仲良くしているブリュッセルをいじめて来るカメハメハ大王。
なんて巧みなTechnicなのかしら。親しみを感じていると見せかけて、いきなり仲良しさんをいたぶって来るなんて。

steam03civi5x012.jpg

いきなり東京に迫ってくるカメハメハの武装ユニットたち。
や、やめてーーっw(゜Д゜)w

steam03civi5x013.jpg
「我が国は、ポリネシア(カメハメハ)が世界に悪影響しかもたらさないという貴公の考えに、賛意を表そう。
我々が一緒に非難声明を出せば、奴らに灸を据えることができるだろう」

そんな時、最近世界会議で知り合ったヒゲの素敵なブラジルのペドロさんに一緒に悪口言おうお、と言われる。

steam03civi5x014.jpg

ホノルルにいるカメハメハを包囲。

このあと、侍を進化させたら、武将とか将軍になるかと思いきや、なぜかライフル兵部隊になってびっくりした、りおり信長のCivilizationは続いてゆきます。

ここまでで大体プレイ11時間です。
長い・・・!地味・・・!写真もすごい地味・・・!
途中、ユニットを動かすだけでつまらなく感じる瞬間もありましたが、国を制覇して行くことや、テクノロジーツリーと言われるシステムの文明がどんどん進んで行く感じがたまらなく楽しく、本当にやめ時が難しいゲームでした。

にしても、仲良く出来ないのはCivilizationの世界でも、現実でも同じですね・・・。
ヒゲのペドロとは仲良くして行きたいものです・・・。

そんなCivilization5であなたも世界征服してみませんか?
Steamで配信中です。(セールなら超お買い得に!!(DLC全部入りのCompleteがおすすめ))
(最新作は、Civilization6になります)



関連記事
ゲーム写真SteamPCマウス画

0 Comments

Post a comment