1日目

ss001.jpgss002.jpg

グスタフ家、私を呼び覚ました人間ども。
なにやら問題があるというが、暇つぶしに付き合ってやろうと思う。
ありがたく思え。
まあ、封印されていたせいで体がまったく言う事を聞かないので、5m歩くのが限界なせいもあるが。
それもしばらくの間だ。力を取り戻すまでは、使用人として傍にいてやろう。


世帯の資金は、26000。
この資金だと、買える家もふたつしかない・・・
資金使い放題の神の力(作成モード)を使う事も出来るが、
最初は自力でどこまで出来るかやってみたいので、使わない事にする。
というか、そうじゃないと意味がない気もする・・・

寝室の多いカントリー・キュート、家具なしを選ぶ。

ss003.jpg

エグザイルなみの統制力で並ぶグスタフ家の面々。
今頃気づいたが、なんか色がない・・・これが問題なのか。

Read more

家を購入し、残り資金は、12784。

ss004.jpg
ガラーン・・・
こんななにもない家で果たして、5人+1匹は暮らして行けるのか。

家具を買おう。
家具付きの方が良かったかもしれない。
でも、再出発に古い家具は似合わない。

私以外は、もちろん基本的にオートで動いてもらう。
私くらいの力があれば、奴らを人形のように操る事も出来るのだが。
私はそこまで面倒見が良くないしな。ハッハッハ。いや、力が出ないわけではない。決して!

ss005.jpg
増築して、こんな感じに。
5人で住むには狭すぎるので、2階を作り、とりあえずベッドだけ置く。
これでもう資金は尽きた・・・食料も買えない状態だが、大丈夫か。犬を食うか。

ss006.jpg
いきなりベッドでくつろぎ本を読む。
違う。本当は本棚近くのイスで料理の勉強をしたかっただけなのに、なぜかこんな事に。
・・・くそ・・・っ。これが長年封印されていた影響か。体が言う事を聞かない。
しかも、ここは主人であるグスタフ・グスタフのベッドだ。彼が気づいていない事を祈ろう。

家についてすぐに父グスタフと長男エイドリエンがキャッチボールをしだした。
・・・ここは本当に家族崩壊の危機を迎えているグスタフ家なのか。
なにも問題はないように見える。

ss007.jpg
突如、次男のビトゥイーンが小さなラジカセの前でビリーズブートキャンプ並みに運動しだす。
これが問題か。他に奇怪な行動を起こさないよう、きちんと見張っておかねば。
奥でぼんやりと立ち尽くしているグスタフも気になるではないか。
大丈夫なのか。

ss008.jpg
犬―――ッ!!!
そこはおそらくビリー隊長いや、次男ビトゥイーンのベッドだ。
凛々しくふんぞりかえっている。2階だから、私の目が届かないと思っているのか。
犬だからといって、遠慮はしないぞ。さあ、降りるんだ。いや、降りてください。

ピンポンヌという音がして、来客が来た事を知る。

ss009.jpg

いやに白い犬2匹と、あやしいスエットの近所のおっさんがやって来たぞ。
これが問題か?
とりあえず、初日からご近所問題は困る。まずは、嘘笑顔で愛想よく挨拶でもしておこう。
しかしこの犬、ずいぶん顔が長いな。引っ張られたのか?これが問題か。

ss010.jpg
なぜか2階で顔の長い犬とたわむれてしまう。
落ち着け。私がこの家にやって来たのは、知らない犬と2階でこっそりボールで遊ぶためじゃないはずだ。

ss011.jpg
犬―――ッ!!!
知らないもう一匹の犬(トイプードルらしき)が突然、庭にあるイーゼルを激しくぶっ壊そうとしている。
私が顔の長い犬とたわむれさせられたのは、このためか。顔の長い犬は、囮だったのか。
白い2匹はグルだったらしい。白い悪魔とはこの事か。
とりあえず、めっ、する。

犬ばかりにかまけすぎているので、家族の様子をうかがう。

ss012.jpg

私が作った手料理を食らっている最中だ。
大人しく食べる長男エイドリエンと、激しく獣のように食らう次男ビトゥイーンが仲良く並んで座っている。
うむうむ。なかなか人間もかわいいものではないか。(笑顔

ss013.jpg

と思っていると、いきなり犬(どれかは分からない)がリビングで放尿!!
そんな!しまった!こんなすごい私がいるのに、こんなひどい失態をこんな目立つ場所でこんなこんな!!
頭を抱えて2階でこっそり泣いていると、きれい好きな長男が片づけ始めた。

・・・
私がこんな状態でどうする。もっとしっかりせねば。

とりあえず

ss014.jpg

寝よう。
気づくと愛犬ケロヨンが寄り添って眠っていた。
枕が濡れてはいるが、私は泣いていない。ただちょっとコンタクトレンズがズレただけだ、ケロヨン・・・。

そんな静寂を切り裂く、悪魔が現れた。

ss015.jpg

泥棒だ。
微妙に憎たらしいメタボ姿をしたあやしいヤツだ!
引っ越して来た1日目から泥棒て。こんな不運が他にあるか。
でも、これは昼間のリビング放尿事件の雪辱を果たすチャンス!いざ!!

ss016.jpg

フルボッコに。
ぶちのめされる泥棒。

ss017.jpg

まあ、私は冷静に警察へ電話し、現れた警察官に状況を報告中ですが。
フルボッコにしたのは、体力自慢ムキムキ次男のビトゥイーンでした。


その後、なぜか泥棒には逃げられたが、盗まれた物もなく、良かった。
なんだか手におえないグスタフ家だが、なんとかやって行くしかないだろう・・・
グスタフの仕事は決まったが、これで資金難がどうにかなると良いが・・・


次回、未定。

関連記事
Close