flower border

アネモネエイチピーラボ★

好きなイラスト描いて、好きなゲームについて書き書きします。

all given to you ~きみにすべてあげる~ [イラスト]

Category*オリジナル
n175.jpg

[ all given to you きみにすべてあげる ]

date 20120310
theme original
tool openCanvas5*作成工程あり→ポタグラ

3000感謝&ホワイトデーのために描きました。

キツネリボンです。(ドーン!)

ちなみにまだ2000記念&感謝のイラスト、描けてません・・・けど絶対描きます!
そしてなんか4000が目前ですけど・・・き、気のせいだよね、キョロキョロ(現実逃避)

でも来て下さった方、特にリピーターの方、本当にありがとうございます!
誰か見てくれてないと正直やってられません、ブログなんか!w
がんばれるのも、あなたのおかげです・・・。(涙目)
立ち止まってくれた方も、通り過ぎてしまった方も、まだ見ぬ方も
なんとか楽しんでもらえるよう、誰よりも自分が楽しみながら続けて行きたいと思っていますので
これからもよろしくお願いしますね(⌒ヮ⌒*)

絵は、見た通り、キツネリボンなんですけどw ホワイトデーっぽく、自分をフォーユー的な。
色のテーマは、クリーム、緑、黄色。
服の模様を描くのが楽しくて、他に描けるとこはないかスペースを探してしまいましたw
今までスルーしてたけど、これからは空き地がないくらい模様を入れて行きたいと思う(謎)
気が付くとこういう服ばかり描いてるので、ヤバい・・・ボキャブラリがなさすぎるw
でも好きなんだもん(///・ヮ・///)もん。(2回言った)



↓続きはチェリーブロッサム(さくら)バージョンと下書き、爆笑背景裏話。
n175cb.jpg
チェリーブロッサムバージョン。
春っぽくてこちらをメインにしようかと思ったけど、初志貫徹してあちらを選びました。

n175s.jpg
下書き。
この時点では分からないけど、線入れると目つきがキツくなるのをどうにかしたい・・・
黒目を小さくしすぎ・・・?うーん。

背景は、てきとうな詩をエキサイート翻訳ッ!しただけのなんちゃってドイツ語文ですw
それは、こちら。

Machen wir einen Keks.
Für eine Ausrede, Sie zu treffen.

Mit dem Weizenmehl, das die nächst Frau, die 3 Kilo entfernt war, machte.
Mit der Butter, die der Cousin, der 10 Kilo entfernt war, machte.
Vermischen Sie den Zucker, den jemand machte.
Benutzen wir die Liebe für Sie, die ohne die Erlaubnis aufwuchsen.

Backen wir einen Keks.
Ich denke zu gebratener Zeit über Sie nach.

Zeit, in keiner Zeit zu überholen.
Ich trug es mit einem Digest nicht zu brennen.
Das letzte Lächeln.
Oops ich irre mich.Eine gute gebratene Farbe.

Essen wir einen Keks.
Mit Ihnen; und einer in Hälfte.
Mein etwas duftender Keks und Ihr Lächeln werden Sie gut.

Ich mag Kekse.
Ich mag Ihr Lächeln.

Könnte ich umarmen?
Könnte ich küssen?

Weil ich gut bin, werden Sie zu wie ich in den nächst des Kekses kommen?


『翻訳前の原文』

クッキーを作ろう。
君に会う口実に。

3キロ離れた隣のおばさんが作った小麦粉と
10キロ離れた従兄弟が作ったバターと
誰かが作った砂糖を混ぜて
勝手に育った君への愛も使おう。

クッキーを焼こう。
焼き時間は君の事を考える。

あっという間に過ぎ去る時間。
焦げないように、ダイジェストでまとめた。
最新の笑顔。
おっといけない。良い焼き色。

クッキーを食べよう。
君と並んで、ひとつを半分に。
少し香ばしい僕のクッキーと、君の笑顔はよく似合う。

クッキーが好きだ。
君の笑顔が好きだ。

ハグしても良い?
キスしても良い?

君も僕の事を、クッキーの次で良いから好きになってくれますか?


『そしてエキサイト翻訳によりドイツ語になった文を、日本語に翻訳してみるとこう』 *はつっこみ

クッキーを作りましょう。
あなたに会うために、弁解のために。 *弁解のためにてw

小麦-小麦粉で、それは女性を作りました。そして、その人は3キロ、連れ去られました(次)。 *連れ去られました(次)ってなんだよ!?
いとこがしたバターで、誰が10キロ、連れ去られましたか。 *小麦粉で作られた女性が連れ去られてるよ!w
誰かがした砂糖を混ぜてください。
あなたに対する愛情を使いましょう、それは許可なしで成長しました。 *ここはまあ間違ってないw

クッキーを焼きましょう。
私は、揚げた時間まであなたのことを考えます。 *クッキー、揚げちゃったよ

時間(いつでも死なないために)。 *いつでも死なないために?なんだその詩的センスは
私は、ダイジェストでそれを燃やさないために持ち運びました。 *ダイジェストで燃やすのか
最後の微笑。 *最新と最後、ゼンゼンチガウ!
おっと、良い揚げた色の誤ったmich.Eineは、私です。 *揚げてないから

クッキーを食べましょう。
あなたと; そして、半分の1。 *残しちゃった
私のいくぶん香気があるクッキーとあなたの微笑は、よくあなたになります。

私は、クッキーが好きです。
私は、あなたの微笑が好きです。

私は抱き合うことができましたか? *なんで過去形
私はキスすることができましたか? *過去形、再び

私がよいので、あなたは中でその他Iに、クッキーが近付くこの次になりますか? *最後くらいちゃんとしてー!!(泣)


こんな感じですが、ドイツ人もびっくりのエキサイト翻訳。あなたもぜひ!!w
関連記事

0 Comments

Post a comment