flower border

アネモネエイチピーラボ★

好きなイラスト描いて、好きなゲームについて書き書きします。

りおりとDIY ターナーミルクペイントでピエロや棚をぬりぬり <おうちインテリア>

Category*おうちインテリア


myouchiinterior05o00title.jpg

こんにちは!アンティークシャビーが大好きなりおりです。

シャビーとは、フレンチシャビー、アンティークシャビーと呼ばれ、ちょっと古い感じのかわいいスタイル(アバウト)のことなのですが、詳しく調べると「みすぼらしい・古めかしい」という意味があり、ちょっとショックです・・・。たしかにアンティークもみすぼらしいも同じ面がありますが・・・。

わびさび。

今日は、子供の頃からの付き合いであるコートハンガーのピエロと買った棚を白くぬりぬりしてやろうと思います。
白く塗ったあげく、シャビらせてやるぜ!という寸法です。

myouchiinterior05o01.jpg

使うのは、こちら。
ターナーのミルクペイントです。

白く塗るために、ミルクペイントのスノーホワイト。
シャビらせるために、アンティークメディウム。
ひび割れを起こす、クラッキングメディウムも用意しました。

ターナーのミルクペイントはその名の通り、ミルク原料を使って作られているそうです。
アクリル塗料なので、水性なのに乾くと耐水性を持つというスグレモノ(商品にもよりますので注意)

今回、白は「スノーホワイト」を選びましたが、もう少しアイボリーに近い「クリームバニラ」という色もあります。
ターナーのミルクペイントを使うのは初めてなので、どきどき。
というか、家具をぬりぬりするのもほぼ初体験だと思う。

myouchiinterior05o02.jpg

ちょっと失念しておりまして、塗る前のピエロを撮り忘れたのですが、ご了承ください。もうすでに白塗りの状態です。

ミルクペイントは、人によると思いますが、わたし的には匂いもほとんどなく、室内で塗るのも平気でした。(それでも換気はしたほうが良いと思います)
塗るのものびのびして、すごく塗りやすかったです。
私が下手なせいかちょっとハケあとが残りましたが・・・これはミルクペイントではなく、ハケか腕のせいかな?でも、あとでシャビらせるのであまり関係なさそう。

myouchiinterior05o03.jpg

下のほうもぬりぬり。
塗料を乾かすにはドライヤーを使いました。しっとりした光沢が消え、マットになったら乾いたしるし。指先でさわって確認。わりとすぐに乾きます。数時間とか一日とか待たなくても、すぐに二度塗りが出来るのは本当に嬉しい。
とは言え、指で確認しすぎて指先真っ白になったり、塗料もちょっとべちょっとさせてしまいましたが、どうせシャビらせるので問題ないです。

実は塗りながら、まわりをくるくる移動したり、頭を上下させてたら、何度か出っ張りに頭をかすめて髪にちょこっと塗料がついてしまいました・・・w 指にも結構ついたのですが、乾く前に洗ったりこすったりしたら簡単にきれいに取れたので良かったです。(髪の毛についたのは、乾いたあと爪で削ぐようにして取りました・・・)

myouchiinterior05o04.jpg

次はこちら。壁に取り付ける棚の板を塗ります。
ひび割れ風の見た目になるというクラッキングメディウムを使います。

クラッキングメディウムの使い方は、ターナー公式で見られます。



ふむふむ。地肌が見えるので下地と上に塗る色は違うほうが良いらしい。
この板は茶色いので、そのままクラッキングメディウムを塗り、その上にスノーホワイトを塗ることにしました。

この棚、結構、重くて丈夫な作りです。
木そのまんまではなく、木に木目をプリントした化粧板(?)みたいなのを貼り付けてる感じなので、表面はつるつるしています。こんなつるつるだけど、ちゃんとペイント出来るかな?

はじめてのクラッキングメディウム体験にワクワク。動画で見たように薄めに塗って、指で触って塗料はつかないけど、べたべたするくらいまでドライヤーで乾かします。
そして、一気にスノーホワイトを塗ります。ハケのあとが気になるけど、二度塗り禁止。

myouchiinterior05o05.jpg

こんな感じにみるみるうちにクラッキングしてゆきます。すごい!
ハケあとが気になりますが、シャビ(略)

myouchiinterior05o06.jpg

うまく出来るかなーと心配でしたが、割れてるのがよく見えて良い感じです。良いシャビー感に大満足。このクラッキングメディウム、一体どうなってるんだろう?不思議です。

myouchiinterior05o07.jpg

ピエロはスノーホワイトのみ。板は片面だけクラッキングメディウム+スノーホワイトで塗り終わりました。
ドライヤーで乾かす乾かす。
ニスなどは塗ってないので、乾いたあとも強い衝撃(爪でひっかく程度)があると剥げちゃうので注意です。トップコートを使うと丈夫になるみたいなのですが、私はそのまま使うことにします。(マットな質感が好きなのと、ちょっと傷になってもシャビってて素敵なので)
クラッキングメディウムは、ざらざらしたり、ぱらぱら剥げてきそうなイメージでしたが、白い塗料が割れてるだけでぴったしくっついてました。(クラッキングメディウムにトップコートを使う場合は、水で溶けるらしいので油性のクリアーを使用しないとだめだそうです)


次は、アンティークメディウムを使います。
使い方は、またYouTubeをどうぞ。



なんだか難しそうですが・・・がんばろう。

myouchiinterior05o08.jpg

なんだかチョコレートみたいな塗料です。
200mlを買ったのですが、このアンティークメディウム、今回ピエロと棚、全部塗ってもハケ2つけくらいしか使わなかったので(それでも余ったくらい)、もしかしたらものすごくお得感あるのかもしれません。こすれ感が大事なので本当にちょっとしか使わないです。200mlでたくさん塗れそう・・・。

これを紙パレットに出し、かすれ感が出るまで、布かティッシュになすりつけたりして塗料を減らしてゆきます。そして、いざ、

myouchiinterior05o09.jpg → myouchiinterior05o13.jpg

こんな感じにピエロをシャビらせました。
塗料が禿げてるように見えますね。使い古された自然な感じの仕上がりですごく好き。
(ピエロの鼻は昔もげてどっかに行きました)

myouchiinterior05o10.jpg

こすれそうなところを意識して、サッサッ。

myouchiinterior05o11.jpg

ふしもこんなふうに。
アンティークメディウム、すごく楽しい!(^ワ^*)
思わず塗り過ぎちゃいそうになります。やりすぎると変になるので気をつけないと。

myouchiinterior05o12.jpg

できあがり。
シャビーなピエロのコートハンガーが出来ました。(片付けてない部屋がめっちゃ写ってるのであまり見ないように)

myouchiinterior05o14.jpg

次はニトリで母が白と間違えて買ったこちらの茶色い棚も塗って行きます。

myouchiinterior05o15.jpg

みつご棚の裏はクラッキングメディウムですが、もう一面は白xアンティークメディウムにしようと思います。(ばってんマークは、ピエロを乾かす時に乗せてたのでそのあとがついてます。こういうワイルドなことが許されるのもシャビらせるならでは)

myouchiinterior05o16.jpg

ぺいっ。
ハケあとがやっぱり気になる~・・・どうやって塗ったら、あとが残らないんだろう?
まあ、どうせシャビらせるので気にならなくなるのですが・・・。
一度ではあまりキレイな白にならないので、二度塗りして真っ白にしてやりました。

myouchiinterior05o17.jpg

アンティークメディウムを塗ったところ。
シャビーなので、きっちり塗るスキルのない私でもちゃんと塗れました(〃´ワ`〃)
これがきっちりホワイトの棚を塗らなきゃだったら、たぶん無理でした・・・。

myouchiinterior05o18.jpg

ニトリで母がシロと間違えて買った(強調)茶色い棚もこの通り。
私の下手な塗りもシャビらせるなら全然関係ナッシング。

myouchiinterior05o19.jpg
myouchiinterior05o20.jpg

アラも味になります。シャビーって素晴らしい。

棚は、私のお部屋に取り付ける予定です。
家の色んな場所に当てて見たのですが、真っ白の壁紙にはあまりアンティークメディウムは合わないような。私の部屋は、シャビった木目風の白い壁紙なので、こういうシャビった棚がよく合うように思います。漂白したように真っ白な壁紙には、真っ白そのままのミルクペイントで、シャビった壁紙とかアイボリーには、シャビった棚が合うのかなぁ。
色んな棚を用意して、色んな壁に合わせて試すのもとても楽しいです(〃´ワ`〃)


myouchiinterior05o01.jpg

はじめてのミルクペイントでしたが、すごく塗りやすくて良かったです。
こんな私でも簡単にシャビったかわいい棚を作ることが出来ました。ターナー、すごいです。
クラッキングメディウムや、アンティークメディウムもアート感覚で簡単楽しく塗れました。
たくさんの色と、色んな用途、びっくりするようなテイストに仕上がるものなど、種類も多いので、つい全部集めたくなってしまいました。(屋外でも使えるガーデン用や、汚れた風にしたり、金属風にするものなど。中でもガラスに塗れるものがすごくかわいい!)

興味のあるかたはぜひターナーのミルクペイントをチェックしてみてくださいね(^ワ^*)ノ レッツ・ミルクペイント!


  



関連記事

DIY あまぞん 写真

0 Comments

Post a comment