Surface Pro 購入編


spChalleKoTitle.jpg

こんにちは。
「欲しいもの」と入力したかったのに、「干し芋の」と変換したことがある、りおりです。

spChalleKo01.jpg

Surface Pro(2018年2月モデル)を買ってしまいました。

Surface Proは前から気になっていて、でもお値段が・・・と思うとなかなか手が出なかったのですが、液タブを繋いだiMacも買って数年が経ち、なんとなく動作が鈍くなって来て、なによりアップデートがわりと頻繁にあるくせに何時間もかかるのがもう我慢できなくなってしまったのです。
今すぐ描きたいのに2時間も待てるかーっ゜ ゜( ロ |||)
iMacは色々と安心だし、スペースキー押すと一発で中身が表示できるクイックビューが本当に便利なのですが・・・画面もきれいだし・・・。

(ちょこっと説明)
液タブ=パソコン、またはMacに繋いで絵を描くもの。タッチ操作が出来るモニターのようなもの。
Surface Pro=液タブパソコン。パソコンにタッチ操作がついていて、1台でお絵描きすべて出来ます。


私が家族に迎えたSurface Proのスペックは、インテルCorei5の256GB SSD、メモリ8GBのモデルです。クリスタを動かすのには最低限これだけはあったほうが良いと思うので・・・。画面サイズは、12.3インチ。

spChalleKo02.jpg

タイプカバーが一緒について来て同じ値段キャンペーン中だったので、どうせだったら、と値段差を払って、Surface Pro Signature Type Coverのバーガンディ(茶色)を購入しました。あともちろん、ペンも一緒です。
お絵描きをするのに、キーボードカバーだとうつぶせで描くときなど幅があってやりづらいと思い、Bluetoothキーボードを買う予定だったので、キーボードカバーは最初買うつもりなかったのですが、やっぱりあって良かったです。カバー代わりになるのはもちろん、とても打ちやすくて、さわり心地がすごーく気持ちいいのですw すべすべ。アルカンターラというイタリア生まれの布らしいです。なんか良い匂いがする・・・(iMacのキーボードと同じ匂い)
やや、軽めのキータッチ感ですが、しっかり押してる感じがあって好きです。薄いので、強く押すとたわみますが、私は気になりませんでした。音的には静かでもうるさくもなく、カトゥカトゥ、プティティ・・・という感じです。(伝わる?)
キーの高さが低いので、手を置くとことの差が少なく、手首が疲れにくい気がします。しかもなにげにバックライト付きなので真っ暗なとこでもしっかりキーが見えます。(キーの周りと文字が発光。まぶしい感じではなく、明るいところでは気づかないレベルで地味に発光してます。ライトオフにする設定はないみたい? ※追記 キーボードのF7の位置に変更できるボタンがありました)これが素敵・・・。
タッチパッドもサラサラでさわってて気持ちがいいです。
ペンの使い心地は、後編になるお絵描き編で書きますね。

spChalleKo03.jpg

開けたところ。
本体とOfficeのコード、ぺらい紙、充電コードが入ってます。

spChalleKo04.jpg

一番驚いたのは、充電コードの差し込みのかたち。
これが本体に近づくとブシッとマグネットでお互いがお互いとくっつきあいます。ほんとにブシッて。向きは上下左右関係ないので、すごく使いやすいです。でもちょっとなにかにひっかけただけで簡単に外れるのだけは注意です。コードに足引っ掛けても、本体を引っ張られることはないので、そこは安心。

spChalleKo16.jpg

端子系統はこちら。(写真では、画面が下向き)
右のが充電コードがブシるところで、真ん中がUSB(3.0)、左がMini Displayポートです。
MicroSDカードのスロットがあるはずなのに、どこにも見当たらなくて、ぐぐってみたら、うしろのスタンドを開いた本体側のはしっこにひっそり穴が開いててびっくりしました。すごいわかりづらい・・・けど、無駄のない作り。

spChalleKo05.jpg

キーボードカバーを装着したところ。
このキーボードカバー。Bluetoothなのかな?と思ってたのですが、事前に調べたところ、USBらしく。でもUSBって普通、つけはずしに結構力が必要だったりしますよね。認識したりしなかったりも時間かかりそう。なんだか気軽につけたり、はずしたり出来にくそう・・・。続きは下のほうで。

spChalleKo13.jpg

横から満た図。
キーボードカバーは、ほぼ厚みがないです。
でも画面をむき出しで置いとくのは抵抗があるので、カバーがあると落ち着きます。

spChalleKo14.jpg

サイズ。
寸法 約292mm x 201mm x 8.5mm。
となりにスマホを置こうとしたら、なにで写真を撮るんだと気づいてハッとしました。なので、PS4のソフトケースを置いてみました・・・。

spChalleKo15.jpg

厚みを比べてみました。
PS4のソフトケースよりは薄いです。
でもそれほど薄い!というわけでもなく、重さもずしっと来ます。

spChalleKo17.jpg

キーボードカバーの端子は、こんな感じになってます。ぷつぷつがある。
お互いを近づけて行くと、これまたブチッと引き寄せあってくっつきます。それもすごい勢いで。間に指でもはさまれそうなら、小さなうめき声が出ること間違いなし。気をつけよう。
つけはずしはすごく簡単で、実際にSurface Proを使いながらでもつけはずし自由です。はずすとタブレットモードにしますか?と聞かれるくらい親切。

spChalleKo06.jpg

ちなみに持ち歩く用にケースもないと不安なので、こんなケースをあまぞんで買いました。つっよい紙で出来ていて、見た目も素朴シンプルでかわいいです。

spChalleKo07.jpg

続いて、重さチェック。
本体は、780g。公式では約770gなので、なにかが10g増えている。保護シートを貼っているのですが、10gもある・・・?チョコレートスフレでも食べたのか。
結構ずしっと来るので、いくらタブレットといえど片手でずっと持つのはきつい。仰向けで寝転びながら両手で持つのもずっとは少しつらいかも。

spChalleKo08.jpg

キーボードカバーは、304g。公式では約310g。
・・・痩せている・・・。

spChalleKo09.jpg

ペンは、21gでした。公式では約20g。1g太った。

spChalleKo10.jpg

ちなみにこのペン、単6電池が入ってます。なので結構、重みを感じるんですよね・・・。使ってるときに気になるほどではないのですが、使ってた液タブのペンが充電式で軽かったので、電池ぶんちょっとずしっと来ます。
しかし、単6電池って手に入りづらいですよね・・・。充電式はいざ使うときに充電切れだったりして、テンション下がることがあるのですが、電池だとそれがないのが良いですよね。重いけど。

spChalleKo11.jpg

うしろのスタンドの角度。
上の写真は、一番低いものです。決まった角度はなく、自由に動かせます。
このスタンド、引っ張り出すときにちょっと気をつけないと指をケガしそうになります。ぴったりくっついているので・・・。

spChalleKo12.jpg

一緒にあまぞんで買ったBluetoothキーボードとマウス。
絵を描くとき、キーボードはやっぱりこっちのほうが使いやすいです。マウスも使い慣れているので必須です。
でも前にOmenのときもそうだったのですが、Bluetoothヘッドホンと相性が悪いのか、干渉が起きて音楽を聞いてるとブツブツ途切れちゃうんです・・・。これがほんとに謎で、マウスの電源をオフにするとぴったり収まるので、マウスがだめみたい・・・。マウスを使わないか、音楽を聴かないかで済ませてます。でも地味に困るので直しかたが知りたい・・・。


ここまで外見のことでした。長い・・・(´・_・`)
実際に電源オンにして使ってみると、その静かさに感動。このモデルはファンレスなので、なにをしててもファンの音が気になることはありません。普通に使っているぶんには、熱などは気になったことはありません。ほんのり温かくなりますが・・・。
SSDなので動作は早いし、アップデートも爆速。これがiMacはほんとに何時間も・・・。゜o(>ロ<o*)゜。 いつでも気軽に取り出せて、絵を描いたり、他の人と見ながらネットショッピングしたりもやりやすくて、文章も打ちやすいし、本当にすごいです。Surface Pro。
液タブじゃなく、こっちを先に買えば良かった・・・と思いますが、液タブにもそれはそれで良いところがあるのです。(大きさとか、なんにでも繋げるとか)

Surface Proで絵を描いた話は、後編のお絵描き編でお話しますね。


困ったこと
・タイプカバーキーボードで、最初、@マークが入力できなかった。デバイスマネージャーでドライバ更新をしたら、最新のドライバです。と言われる。でもその後、直った。謎。
・スクリーンショットの撮り方…よく撮るので、方法がわからず困ってたのですが、わかった。
タイプカバーキーボードは、スタート+PriScn。
Bluetoothキーボード(写真の紺のやつ)は、スタート+Fn+Tabでした。
・ペンで右クリックの方法…液タブでは、カーソルを近づけて(ペン先は触れずに)ペンの右クリックボタンを押すと、右クリックだったのですが、Surfaceペンでは、画面をペン先で長押し、または、右クリックボタン押しながらタッチしながらでできました。


おまけ1
マイクロソフトの公式サイトのニュースでこんなものを見つけました。

破壊が目的:マイクロソフト ラボでのデバイス検証
https://news.microsoft.com/ja-jp/2018/01/16/blog-going-for-broken-inside-the-microsoft-lab/

Surfaceペンや、Surface Proなどの耐久実験らしいですが、きびしい・・・!あんなことや、こんなことされてます・・・。
「テクノロジ拷問部屋」という通称らしき名前もすごいです・・・。
ラボのマネージャーであるブラッドさんは、「デバイスを壊すことに情熱を傾けてます」だそうです(゜ロ゜*)
何度も突き落とされたり、衝撃的なミニ動画も・・・あわわ、見てられないくらい怖いラボです。


おまけ2

spChalleKoOusb01.jpg

これなんだと思いますか。

パソコンを新しく買ったら、もしも調子が悪くなってしまったときに回復ドライブを作るといいよ、と知ったので、それに使うために買ったUSBメモリなんです。
回復ドライブだから、お医者さんです。わかりやすい。

spChalleKoOusb02.jpg

使用中の様子。

spChalleKoOusb03.jpg

頭がキャップになってます・・・か、かわいいです。


spChalleKoOneko01.jpg

Surface Proに、ねこももうむちゅう。





今回、あまぞんで購入したもの
(値段の目安や、詳細などを知りたいときにお使いくださいませ)



Logicool ロジクール K380BK Bluetooth ワイヤレス キーボード マルチOS:Windows Mac iOS Android Chrome OS対応

Bluetooth キーボード
ぷちぷち感触が好き。もう少しタイプライター的な感じかと思ったのですが、ものすごく静かでした。重みがあるので、しっかり打てます。




エレコム ワイヤレスマウス Bluetooth [EGG MOUSE FREE] 3ボタン ホワイト M-EG30BRWH

Bluetooth マウス
たまご。ものすごく軽い。穴に指が入る。軽すぎてちょっと触れただけでカーソルが動くので繊細さは不向き。でもかわいい。




SHUTER 13-13.3インチ 軽さNo.1 ノートパソコン タブレット ケース (Macbook Air/MacBook Pro Retina/ウルトラブック/ネットブック用) スペシャルタイプA

ケース。




エレコム Surface Pro フィルム 2017年モデル対応 指紋防止 気泡が目立たなくなるエアーレス加工 高精細 反射防止 【日本製】 TB-MSP5FLFAHD

保護シート
液タブで使ったエレコムのものがサラサラでとても気に入っていたので、同じエレコムのものを選びました。これもサラサラで貼りやすくて、とっても良いです。最初、ペン先が少し滑りづらいかな、と思いましたが、線が描きやすくなりました。




可愛いのアニメーション医者USBフラッシュメモリ16gb

USBメモリ
お医者さん。


関連記事
写真SurfacePro

0 Comments

Post a comment