マイティソーに肺を殴られないためにランニングマシーンを導入したはなし。


歩いてないんです。

私はとにかくインドア派で、海外に行きたいと思うこともなければ、お買い物に行くのも億劫だったり。
たまに外に出るといろいろ雑貨とか見て、つい歩き回ってしまい、Googleの歩数計がすごい数字をたたきだしたりするのですが、それも一年に何回かの出来事ですよ、ハハッ。

で、そんな運動不足すぎる私と相方こと母が出した答え、それは、ランニングマシーン。
それは、歩みを止めればベルトに巻き込まれて永遠にはさまれ続けてしまうという拷問器具(違う)

KIMG0989i.png

これです。
ピンクでかわいいから買いました。
できるだけ小さくてお手軽なものが欲しかったのですが、いくつか候補があり、悩んだ結果、ベルトが黒とピンクどっち?ということになり、ピンクのこの子を選んだのでした。
ベルトの色、大事。

小さいものなのですが、私(151cm)にはじゅうぶん。
思いっきり走ったりはできませんが、早歩き〜小走りする程度なら大丈夫です。背が高い人や、足が長い人にはつらいかもしれないです・・・。

自動で速度が変わるというプランがいくつかあって、そのP1を初めてやったところ、3分くらいでしにかけるという体たらく。子供の頃、マラソン大会で肺をマイティソーの持つミョルニルで殴られた時のようなあの苦しさをこの年で思い出すなんて。
ですが、大丈夫!
なんと次の日には、10分間のそれを完走したのです。
私のからだ・・・鍛えられてるんだ・・・。

マイティソーに肺を殴られたような思いをしないために、これからも定期的に歩き続けたいと思います!




あまぞんのお値段はこちら。
コンパクトタイプでお手軽なお値段なものはいくつかあるので、いろいろ検討してみてください(〃´ワ`〃)

関連記事
写真あまぞんで買った

0 Comments

Post a comment