遥告鳥 兩 [小説]

遥告鳥 兩※『遥告鳥』の続編になる話です。どちらから読んでも、どちらかだけ読んでも、大丈夫ですが前作が謎、本作が答えという面もありますので『遥告鳥』→『遥告鳥 兩』とお読みになる事をお勧めいたします。夏の邂逅。その人だけに見えた夏。人の生き死にとは、どのように決まって行くのだろう。それはまた目を瞑るたびに訪れるものだろうか。夢と現の境目とは、どのように決まっているのだろう。目を開いているかどうかなど...

遥告鳥 [小説]

遥告鳥夏の邂逅。彼だけに聞こえる夏。人の正常と異常の合間は、いつ訪れるのだろう。狂喜とは、果たして自認出来うるものなのだろうか。...

戯りおり
Page top